ライン

沖縄県 西表島 船浮
(2004年11月11日,2005年3月9日撮影)


(船浦 船着場)

沖縄県 西表島の西側に船浦があります。そこから、
船で約15分ぐらいで船浮へ行けます。

船浮は
・イリオモテヤマネコを最初に見つけた場所。
・白いナガサキアゲハの♀の記録がある場所。

ここへは、陸路はなく、定期船で渡るか、カヌーで渡る
しかありません。

そして、この地を有名にしているのは、「イダの浜」という美しい
海岸がです。そのため、ここの浜と周囲の観光を含めた
、ツアーが観光会社で企画されています。
 
(船浦 船着場の看板)

船着場には、手書きの看板があり、
船浮周辺の雰囲気を知ることができます。

そして、看板のように歩ける場所は制限されていますので、
特に地図は不要と思います。

通常は、船着場〜イダの浜まで15分ぐらい歩くのが
コースになっています。




 

(船浮 に行く途中の風景)

船浦〜船浮までの船から見られる風景です。
山並みを見ていると、この先には何が いるんだろうと
ワクワク気分になってしまいます(^_^)


そして、この奥にも そのうち行ってみたい!!
(船浮 の 港付近)

港の奥には山があります。ここで、のんびりと滞在して
みるのもいいかと思いました。

宿は 2軒あります。
 
(ヒメアサギマダラ)

イダの浜に行く途中で、この蝶に会いました。
今では、西表島でも よく会える蝶ですが、
それでも他の場所より 多くの この蝶を見る事が
できました。あとは、ツマベニチョウも多かった。


昔々に 記録があるナガサキアゲハは
会うことができませんでした。
しかし、同じミカン類を食べる、シロオビアゲハ、クロアゲハなどは
見られましたので、もしかして。。。。とか、期待を
膨らましています。

 
(クロボシセセリ)

この蝶は、10年前には隣の石垣島では見られましたが、
西表島では、見ることが少なかった蝶です。

地味な蝶ですが、似ている種類もあり、
必ず 種類を確認しておきましょう。


 
(船浮 を 離れて)

2回の船浮通いでは、特筆できる確認は
できませんでしたが、もしかしてという期待は残っています。

そのため、まだ、船浮通いは続きそうです。

(イダの浜 その1)

浜で会った おとなしいワンちゃんです。
(イダの浜 その2)

浜の写真です(^_^)